西川口 ファッション ソープランド ニュールビー

西川口ソープランド ニュールビー > 人気アクセスキーワード > ソープの講習はどこまでやる?講習の主な種類や詳しい内容を解説!

ソープの講習はどこまでやる?講習の主な種類や詳しい内容を解説!

西川口ソープ ニュールビー 求人サイト

ソープで働くのであれば、入店後に必ず講習を受ける必要があります。ソープの講習はプレイ内容やマナーを学ぶことが目的で、お店のランクが上がるほど、講習のレベルも高くなる傾向です。

しかし風俗業界の講習は「怪しい」というイメージがついていることもあり、未経験の女性は特に、どのような流れや内容で講習が行われるか不安に感じているのではないでしょうか。

そこで今回は、ソープの講習の内容や種類をわかりやすく解説します。ソープの講習で初心者が不安に感じる点についても細かく紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

 

1.ソープの講習で学ぶ内容とは?

ソープに入店して、最初にやるべきことが「講習」です。ソープの講習では、仕事の流れや実際のプレイ内容などを学べます。お店のランクが高ければ高いほど、講習レベルも高く厳しくなり、高級店となると「接客マナー」について学ぶことも必須です。

ほとんどの風俗店が講習を行う理由は、仕事の流れやプレイ内容を覚えてもらうためだけでなく、女の子が「本当にこの仕事をできるかどうか」をあらかじめ判断してもらうためでもあります。

ソープの講習は、未経験でも基礎から丁寧に教えてくれるため、安心して受けられるでしょう。基本的に1日のみですが、お店によっては定期的に講習を行う場合もあります。

風俗では、素人感のある風俗嬢も人気ですが、「素人感がある=素人」ではありません。お客様を満足させるためには、ある程度の接客テクニックやマナーも大切です。

 

2.ソープで行われる主な2つの講習|各講習のメリット・デメリットも

ソープの講習は主に「実技講習」と「口頭講習」の2種類があります。

最近では実技講習を行わず、口頭講習のみで済ませる店も増えています。実技講習と口頭講習はどちらもメリットとデメリットがあるため、自分に合ったお店を選びましょう。

ここでは、ソープの実技講習と口頭講習の内容や、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

 

2-1.【実技講習】ソープでは最も多い講習

実技講習は、実際に体を使いながら、ソープで行うサービスやプレイを学ぶ講習方法です。ソープでは最もポピュラーな研修で、特に高級店では必須となります。

ソープはヘルスなどのほかの風俗店とは違い、マットプレイや椅子プレイを行うという点が特徴です。エアーマットやスケベ椅子を使う特殊なプレイとなるため、特に風俗初心者やソープ未経験者は実技講習を受けてスキルを習得しておいた方が良いでしょう。

また、お店によってプレイ内容や接客方法は異なるため、ソープ経験者もなるべく実技講習を受けることをおすすめします。

実技講習を受けるメリットは、実際のプレイやサービス内容を体験できることです。ある程度のDVDや口頭ではどうしても伝わりにくい部分も、実技講習ではしっかり体で覚えることが可能です。

しかし実技講習は、人によって「恥ずかしい・不安」と感じることもあります。実技講習に対する悪いイメージを払拭するためにも、最近では女性講師や現役嬢による実技講習を行う店も増えました。

 

2-2.【口頭講習】DVDを観ながら学ぶ講習

口頭講習は、DVDを観ながら口頭でやり方を教わり、学ぶ講習方法です。マニュアルをもとにした説明を、動画を見たり口頭で説明を受けたりするだけの簡単な講習なため、実技講習に不安を持っている人にとっては安心でしょう。

講習DVDを用意しているお店であれば、繰り返し講習内容を復習できるため、自分のペースで学ぶことができます。プレイ内容や知識に不安がある人は、待機中などに繰り返し復習して、新人期間のうちに知識をマスターしておくと良いしょう。

さらに口頭講習は、裸にならなくて済むという点もメリットです。また、ポイントとなる部分をしっかり映像で学ぶことができ、初心者でも問題なく理解できます。

とは言え、実技講習のように体で覚えられるわけではありません。頭ではどれほど理解できていても、実際に接客をしたときに体の動かし方がわからないということも十分考えられます。

そのため、実技講習を受けた女の子よりも、スキルを身につけられるまでのスピードが遅くなってしまう点に注意しましょう。

 

3.ソープ初心者必見!講習の「よくある不安」に回答

これからソープの入店を考えている、あるいは入店が決まって講習を控えているという人で、講習を不安に感じることは多くあるでしょう。

ソープという仕事が風俗業界の中では特殊なこともあり、具体的にどのような講習になるかわからないという声が多いようです。ここでは、ソープ初心者が知っておきたい講習の「よくある不安」について解説します。

 

3-1.(1)「本番行為」は本当に行われているの?

ソープの講習を受けるうえで、最も気になる注意点のひとつが「本番行為」です。ほとんどのお店では講習で裸になることはあっても、本番行為は決して行いません。

講習はあくまでプレイやサービス内容を学ぶことが目的のため、本番行為を行うお店はすべて悪質なお店とみなしましょう。なお、禁止されている本番行為を伴う実技講習のことを、「セクハラ講習」「趣味講習」とも呼ばれます。

このようなセクハラ講習は、実際にごく一部のお店で行われている可能性があります。しかし、順調に経営を続けられているソープ店のほとんどは、セクハラ講習などを行う悪質なお店ではありません。

特に最近は、一昔前よりもセクハラ講習が問題となっています。SNSなどネット上で多くの女の子が声をあげやすくなったことにより、悪質なお店は次々と淘汰されています。仮に、講習でセクハラや本番行為の強要を受けた際は、入店をすぐに断ることをおすすめします。

 

3-2.(2)講師は男性の店長・スタッフが担当するの?

ソープをはじめとした風俗業界では近年、女性講師や先輩ソープ嬢が講習を担当することが多くなっています。

これまでは、新人の実技講習は店長などの役職男性が行うことがほとんどでした。しかし、時代の流れや、セクハラ講習のイメージが広まるにつれ、男性スタッフとの実技講習を敬遠する人も増加しました。

実際に、講習はスキルを身につけることが目的のため、女の子同士の講習でも問題はありません。そのため、ソープ業界では女性風俗嬢講師の育成や講習DVD作成などを行い、風俗経験の少ない初心者でも安心して入店できる環境を作り始めています。

男性の店長やスタッフからの講習を受けることに不安を感じるのであれば、女性スタッフやOB嬢が講習を担当するお店に応募しましょう。

 

3-3.(3)講習を受けたあとに入店を断ることはできるの?

応募した段階ではやる気に満ちていても、いざ講習を行うことで、「やっぱり自分には無理かもしれない」と考えるケースも少なくありません。

前述のとおり、風俗業界が講習を行う理由は「実際にお客様とプレイをする前に、女の子が本当に働けるかどうかを判断してもらうため」でもあります。そのため、講習を受けたあとでも入店を断ることは可能です。ソープで講習を受けたあと、どうしても自分には合わないと思った場合、無理に働く必要はありません。

また、講習を受けたあとに入店を断る場合は、理由をきちんと説明することが大切です。明確な理由を説明すれば、しつこく聞かれたり引き止められたりすることはありません。「実技講習を受けてみて、自分には向いていないと感じた」という理由で入店を断るケースもよくあるため、無理にお店側を気遣わなくても良いことを覚えておきましょう。

とは言え、お店側が自分のために、面接や講習で時間を使ってくれたことに変わりはありません。入店を断る際は、音信不通(飛ぶ)になったりせず、誠意を持った対応を心がけましょう。

 

3-4.(4)実技講習自体を断ることはできるの?

どうしても実技講習が嫌な場合は、断ることも可能です。しかし、未経験の場合は仕事上で大きなハンデとなる可能性が高いでしょう。

前述のとおり、ソープはほかの風俗ジャンルに比べてプレイ内容が特殊です。お店のランクによっては、接客にも高いレベルが求められます。そのため、実技講習を受けていなければいざお客様とプレイをしたときの流れが掴めず、お客様に迷惑をかけてしまうおそれもあります。

ある程度慣れるまでに多くの時間を要することになるため、働き始めても「思ったより稼げない」と感じることもあるでしょう。安心して接客するためだけでなく、スタートから大きく稼ぐためにも、実技講習はできるだけ受けることをおすすめします。

 

まとめ

ソープで働くためには、入店前に講習を受けるケースがほとんどです。接客スキルやマナーを学べる講習には、主に「実技講習」と「口頭講習」の2つがあり、どちらも魅力や難点が存在します。

実技講習は「セクハラ講習」という悪いイメージもありますが、実際にセクハラ講習を行うような悪質なお店は、ほとんどありません。最近では、女性講師や先輩ソープ嬢・OBソープ嬢が講習を行う店も増えており、安心して講習を受けることが可能です。

講習の時点である程度のスキルを得ておけば、スタートから大きく稼ぐこともできます。ここまでの内容を参考に、ぜひ安心してソープの講習を受けてみてください。

トップへ