西川口 ファッション ソープランド ニュールビー

西川口ソープランド ニュールビー > 人気アクセスキーワード > ソープの客層は?各ランクの客層と地雷客の対処法

ソープの客層は?各ランクの客層と地雷客の対処法

西川口ソープ ニュールビー 求人サイト

ソープは、数ある風俗の業種のなかでもトップクラスに濃厚なサービスを提供しており、女の子への報酬も高く設定されている風俗店です。高収入を得るためにソープで働いてみたいけれども、どのようなお客さんが来るのか気になっている女の子は多いのではないでしょうか。

今回は、ソープの客層をお店のランク別に解説します。また、地雷客が来たときの対処法も紹介するため、ソープの客層や接客テクニックを把握して、ソープのお仕事で安心してお金を稼ぎたい女の子は、ぜひ参考にして下さい。

 

1.【ランク別】ソープの客層

ソープにはランクが存在しており、お店が提供するサービスや女の子の容姿・サービスのレベルが高いほど、お客さんがお店に支払う料金が高くなります。

ソープに来店するお客さんの客層は、このランクによって大きく異なる傾向があります。そのため、これからソープで働きたい女の子はお店のランク別の客層について知っておくことが重要です。

ここでは、お店のランク別に、ソープの客層に見られる特徴・傾向について紹介します。

 

1-1.【格安店】若い人が多い傾向にある

格安店の特徴・価格帯・客層の傾向は、下記のとおりです。

特徴 格安店は、とにかく料金の安さがセールスポイントのソープです。料金の安さに加えて、時間帯割引やキャンペーンにも力を入れているお店が多く、価格のお得感でお客さんを集めることが特徴です。
価格帯 10,000円〜25,000円
客層の傾向

格安店は、お金はないけれども性的な欲求を満たしたいというお客さんがメインの客層であり、年齢層は若い人が多い傾向が見られます。

体力が有り余っており、お金を払った分は楽しもうとするお客さんが多いため地雷客の比率が高く、心身の負担が大きい場合があります。

 

1-2.【大衆店】幅広い年齢層が訪れる

大衆店の特徴・価格帯・客層の傾向は、下記のとおりです。

特徴 大衆店は、文字通り大衆向けの手頃な料金で遊ぶことができるソープです。プレイ時間は80分〜90分程度が一般的で、洗い場でのプレイ・マットプレイ・ベッドプレイというソープにおける一連のプレイを提供します。
価格帯 25,000円〜40,000円
客層の傾向

大衆店はさまざまな年齢層・職種のお客さんが来店することが特徴で、ソープのランクのなかでは、最も客層の幅が広いお店です。お店の立地や時間帯によって客層が異なる場合が多く、日中は中高年や学生が中心で、夕方から夜は仕事帰りの会社員が増える傾向にあります。

格安店よりも低価格帯のランクですが、比較的良心的でマナーの良い客層が多い傾向です。ただし、お店のルールを守らないお客さんや、繁華街であれば酔っ払ったお客さんが来店する場合もあります。

 

1-3.【中級店】ビジネスマンが中心となる

中級店の特徴・価格帯・客層の傾向は、下記のとおりです。

特徴 中級店は、大衆店と高級店の中間帯に位置するランクのお店です。大衆店よりもワンランク上の接客・プレイが求められ、入店基準やお店の教育・指導も厳しくなります。
価格帯 40,000円〜50,000円
客層の傾向

大衆店から価格帯が一気に跳ね上がるため、所得の低い人が来店することはほぼなくなります。一般的な所得の人でもそう何度も通える金額ではないため、40代以上のビジネスマンや経営者など高所得者が客層の中心となります。

金銭的に余裕を持っているお客さんが多いため、格安店や大衆店のようなガツガツしたお客さんやルールを守らないお客さんは少ないことが特徴です。しかし、なかには立場や地位がある人もいるため、説教をしたり横柄な態度をしたりするお客さんにあたる場合もあります。

 

1-4.【高級店】中高年の富裕層が多く来る

高級店の特徴・価格帯・客層の傾向は、下記のとおりです。

特徴 ソープの高級店は、ソープのなかでも最も高価格帯のお店です。接客・プレイの内容も価格に見合ったハイクラスのサービスを提供しています。
価格帯 60,000円〜100,000円
客層の傾向

金銭的に余裕がある富裕層のお客さんが客層の中心となります。上質なサービスを受けようとあらゆる年齢層のお客さんが来店しますが、基本的には年配のお客さんが多い傾向にあります。若年層が中心となるお店と比べると、落ち着いていて余裕がある人が多いため、客層は良いと言えます。

ただし、富裕層の人のなかには、独特の性格の人や個性が強い人も多いため、どのようなお客さんに対してもフレキシブルに対応できる接客テクニックを身に付ける必要があります。

 

2.ソープに地雷客は来る?接客時の対処法

ソープの客層はランクにより異なる傾向が見られますが、性的サービスを提供する接客業である以上、ランクに依らず地雷客が来る場合もあります。

地雷客が来るたびに悩んでいたりお店を辞めたりしては稼げないため、ソープのお仕事で稼ぎたい女の子は、地雷客にうまく対処するテクニックを身に付けておくことが重要です。

ここでは、地雷客が来たときの対処法をケース別に紹介します。

 

2-1.酔っ払っている人は「うまくあしらう」

繁華街に位置するお店には、お酒を飲んだ勢いでソープに来るお客さんも一定数います。特に、格安店や大衆店といったランクの低いお店は、酔っ払っているお客さんの割合も多くなる傾向にあります。

ほろ酔いで気分が良くなっている程度のお客さんなら問題ありませんが、下記のようなお客さんにあたってしまうと接客やプレイが大変です。

  • 話を聞いてもらえない
  • 態度が悪い
  • プレイが雑で乱暴
  • 勃起や射精が難しい

酔っ払っているお客さんに対しては、下手に刺激すると面倒であるため、声掛けで誘導しながら、接客やプレイをさりげなく進めていくことがおすすめです。

お客さんが言うことを聞かない、暴言を吐いたり暴れたりするなど対処が困難な場合は、トラブルを避けるためにもスタッフに対処してもらいましょう。

 

2-2.説教してくる人は「相槌を打って話を流す」

風俗の地雷客には、接客・プレイ中に謎の説教をしてくるお客さんもいます。暴れたり乱暴なプレイをしたりといった身体的な被害を受けることはありませんが、女の子の精神的負担が大きいため、対処法を身に付けておくことが必須です。

説教してくるお客さんに対しては、適度に相槌を打って話を流しつつ、淡々とプレイを進めていく方法がおすすめです。

話を聞きすぎると更に説教の勢いが増す可能性があり、反対に話を聞かないと怒り出す可能性があるため、付かず離れずの相槌を打つことがポイントとなります。

説教してくる地雷客は、トークテクニックを向上させることで下手に刺激することなく落ち着かせることが可能です。

 

2-3.横柄で偉そうな人は「広い心で否定しない」

ソープには横柄で偉そうなお客さんも少なからず来店します。高額な料金を支払っているお客さんを接客する以上仕方ない面もありますが、度が過ぎると女の子の精神的負担となります。

横柄で偉そうなお客さんに対しては、広い心を持ち否定しないことがポイントです。否定もしませんが、肯定もしません。中間的な態度が、横柄で偉そうなお客さんを受け流す一番の対処法となります。また、横柄で偉そうな人は毅然とした態度に弱いため、態度が増長しそうな場合は毅然と振る舞うことで行き過ぎを防ぐことができます。

サービス業であることを意識して割り切って接客したり、自分を女優だと思って接客したりすると、横柄で偉そうな人に対しても広い心で見ることができるためおすすめです。

 

3.ソープの客層は「悪い」とは言えない!

ソープの客層はエリアやランクによって異なりますが、健全な経営を行っているお店であれば、大半のお客さんは純粋に接客・プレイを楽しんでくれます。来店するお客さんのなかには、紳士的な男性も多くいます。

なぜなら、ある程度お客さんを選ばなければ、商売を続けていく上で困るためです。露骨に迷惑なお客さんや粗暴なお客さんは、お店側も自店の評判や働いてくれる女の子を守るために、露骨に迷惑なお客さんは入店を拒否したりNGにしたりしています。

しかし、時には嫌なお客さんや苦手なお客さんを接客しなければならないこともあります。ソープのお仕事を長く続けるためには、ある程度の接客テクニックを身に付けることは必須です。

ソープの客層は一概に「悪い」とは言えません。お店選びと接客テクニックを重視すれば、基本的には安心して長く働くことができるでしょう。

 

まとめ

ソープはトップクラスの性的サービスを提供するお店であるため、女の子との濃厚なプレイを求めてさまざまなお客さんが来店します。サービス業である以上、時には地雷客を接客しなければならない場合もあります。

ソープの客層は、お店のランクにより一定の傾向が見られます。安心してソープで働きたい女の子は、自分が苦手なタイプのお客さんが少ないお店を選ぶと、負担を減らすことができます。

また、地雷客に対しての対処法を身に付けておくことも、接客・プレイ中にピンチに陥る機会を減らせるためおすすめです。

トップへ