西川口 ファッション ソープランド ニュールビー

西川口ソープランド ニュールビー > 人気アクセスキーワード > ソープの体験入店とは?給料・流れ・確認すべきポイント3つ

ソープの体験入店とは?給料・流れ・確認すべきポイント3つ

西川口ソープ ニュールビー 求人サイト

ソープは、風俗業界のなかでもっとも稼げる業種と言われています。そのため、自分に合ったソープで高収入を稼ぎたいと考える人は少なくありません。

自分にピッタリなソープで働きたい人は、「体験入店」を検討してみましょう。体験入店をすることでお店の雰囲気などが知れるため、お店選びもしやすくなります。

今回は、ソープの体験入店について、主な内容や流れ、確認するべきポイントなどを解説します。これからソープで働きたいと考えている人は、参考にしてください。

 

1.ソープの体験入店とは?

体験入店とは、ソープで働くことを検討している人が実際の仕事内容を体験し、そのお店が自分に適しているか判断するためのお試し期間を指します。お試し期間ではありますが、仕事内容は本入店後と同じであり、給料も受け取ることが可能です。

なお、体験入店中は積極的にお客さんをつけてもらえるため、稼ぎやすい期間と言えるでしょう。

 

1-1.体験入店のあるお店を選ぶメリット

体験入店のあるお店を選ぶ主なメリットは、以下の2点です。

〇仕事内容がわかる

体験入店をすることで、求人サイトに書かれている内容は本当に正しいのか、直接確認することが可能です。風俗求人サイトの情報は古くなっていたり、実際の接客内容とは異なる内容が記載されていたりすることもあります。体験入店ができれば、「求人サイトに書かれていたサービス内容と現実が違う」などのトラブルを未然に防ぐことが可能です。

また、体験入店ではお客さんの雰囲気や客層を確認することもできます。客層は風俗求人サイトに書かれていないことも多いため、自分の目で確かめることが確実です。

〇お店やスタッフの様子がわかる

体験入店では、お店の雰囲気やスタッフ、他のソープ嬢の様子も確認できます。スタッフが高圧的であったりソープ嬢たちの仲が悪かったりするお店は、快適に働ける環境とは言えません。

この部分も求人情報では把握が難しいため、実際に足を運ぶことが大切です。

 

1-2.体験入店時の給料

ソープの給料は基本的に歩合制です。給料の目安は下記の計算式で求められます。

〇給料の計算方法

1日の給料=(サービス料×接客した人数)+指名料・オプション料ー雑費

上記の計算式は体験入店でも同様です。なお、サービス料はお店のランクによって異なります。下記は、2〜3人程度のお客さんを接客した場合の、ランクごとにおける給料例です。

〇大衆店

サービス料/人 給料
8,000〜10,000円約20,000〜30,000円

〇中級店

サービス料/人 給料
15,000〜18,000円約35,000〜50,000円

〇高級店

サービス料/人 給料
30,000〜40,000円約80,000〜120,000円

なかには、体験入店時に日給を保証しているソープもあります。「体験入店〇時間以上」など条件付きの場合がほとんどであるものの、給料の心配をせずにお店選びが可能です。

 

2.ソープにおける体験入店の流れ

あらかじめ体験入店の流れを把握しておけば、体験入店に関する不安を取り除くことができます。下記は、ソープにおける応募から体験入店までの流れをまとめた表です。

〇応募から体験入店までの流れ
1.求人に応募する
2.面接をする
3.講習を受ける
4.体験入店をする(接客)
5.本入店を決める

ここでは、面接や講習の内容などを詳しく解説します。

 

2-1.面接

面接で最初に行うことは、プロフィールシートへの記入です。一般的な履歴書に似た様式で、名前や連絡先などの一般的な情報や、性感帯・好きなプレイなどの質問があります。

プロフィールシートへの記入が終わったあとは、採用担当者との質疑応答です。プロフィールシートに書いた内容の確認や志望動機、出勤できる曜日などを聞かれます。丁寧な受け答えを意識して、笑顔で面接を受けましょう。

また、面接の際に望ましい服装と、用意するべき持ち物は以下のとおりです。

〇服装

多くの場合、ソープでは面接時の服装を指定していません。しかし、着古した私服や地味な服で行くことは避けましょう。お客さん受けのいい、清楚で女性らしい服装がおすすめです。

また、面接後には傷やタトゥーの有無、スタイルなどを確認するためのボディチェックをするお店もあるため、下着選びにも注意してください。

〇持ち物

面接を受ける際は、写真付き身分証明書(運転免許証など)と筆記用具を用意しましょう。

 

2-2.講習

面接が終わったあとは講習を受けます。ソープの仕事では、マットプレイやスケベ椅子を活用した特殊なプレイがあるため、講師を相手にした実技講習が多い傾向です。

講習ではサービスの流れやプレイのテクニック、準備と片付けの方法や接客マナーなどを学びます。お店によっては、基本的なプレイを習得するまでお客さんをつけてもらえないことがあるため、講習の内容はしっかりと理解しましょう。

実技講習の講師は、お店の講習担当スタッフや専門の女性講師、先輩ソープ嬢が務めます。男性を相手にした講習を受講したくない場合は、あらかじめ女性講師が在籍するソープを選んでください。

なお、ソープの講習内容はお店のランクなどによって異なり、実技講習ではなく映像を観るだけのDVD講習を採用するソープもあります。

 

2-3.接客

講習が終了したあとは、実際に接客を行います。体験入店で働く時間や接客する人数は、基本的に自分で決めることが可能です。体験入店中からしっかり稼ぎたい場合は、長時間待機することをおすすめします。簡単にソープの仕事を体験するために、1〜2人だけ接客をして帰ることも可能です。

働く時間や接客する人数に希望がある場合は、あらかじめお店に伝えておきましょう。ただし、希望する勤務時間が1〜2時間のように短い場合、お客さんがつかない可能性が高いため、体験入店を断られることがあります。

 

3.体験入店時に確認すべきポイント3つ

体験入店では、このお店が自分に合っているか・稼げるか・安全に働けるかなどを確認することが大切です。しかし、しっかりと見極めたいと考えていても、どのようなポイントを確認すればいいのかわからない人は多いでしょう。

ここでは、体験入店時に確認すべき重要な3つのポイントを解説します。

 

3-1.給料・バック率

ソープの給料は、お店のランクによって大きな差が出ます。効率よく高収入を稼ぎたい人は、できるだけランクの高いソープで働きましょう。

「バック率」とは、お客さんが支払った金額のうち、ソープ嬢の給料となる金額の割合です。お客さんから指名してもらうと指名料が給料にプラスされる「指名バック」などがあります。

なお、給料やバック率などの情報は、口頭で確認するだけではなく「業務委託契約書」などの書面で確認することが大切です。

 

3-2.電話の鳴る頻度

面接中や仕事の説明を聞いている間、お店の電話が鳴る頻度に注目してください。お客さんから頻繁に電話がかかってくるお店は、集客に成功しているお店です。集客力が高く、活気のあるお店で働いるソープ嬢は高収入を稼ぎやすいと言えるでしょう。

一方、電話がほとんど鳴らないソープは稼ぐことが難しいお店です。ソープ嬢が努力をしても、お店が集客できなければソープ嬢は稼げません。

 

3-3.スタッフの雰囲気

一緒に仕事をするスタッフの雰囲気は重要です。「柔らかく穏やかな口調」「明るい雰囲気のお店」といった要素がある、いい雰囲気のお店を選びましょう。スタッフの態度が悪かったり暗かったりするお店は、お客さんからも敬遠されてしまいます。

本入店後に発生する疑問や不安に対して、スタッフの対応が適切ではない場合は、安心して働くことができません。可能な限り、スタッフの人と会話をして雰囲気を把握しましょう。

 

まとめ

今回は、ソープの体験入店について、主な内容や流れ、確認するべきポイントなどを解説しました。

「体験入店」とは、自分に合ったソープを見つけるために実際の仕事を体験する、お試し期間のことです。実際に体験することで、求人サイトの情報ではわからないお店の雰囲気やスタッフの人柄などが確認できます。

なお、体験入店ができる人は面接に合格した人のみです。面接後に講習を受け、体験入店に進みます。体験入店では、自分に合っているお店か、安心して働けるお店かなどを確認してください。

トップへ