西川口 ファッション ソープランド ニュールビー

西川口ソープランド ニュールビー > 人気アクセスキーワード > ソープは未経験でも働けるの?仕事内容や働く前の注意点も解説

ソープは未経験でも働けるの?仕事内容や働く前の注意点も解説

西川口ソープ ニュールビー 求人サイト

「開店資金を稼ぎたい」「お金はいるけれど長時間は働けない」といった場合、短時間で高収入を得やすい風俗店は、仕事として主要な候補に挙がるでしょう。しかし、未経験者にとってソープの仕事は不安が大きく、風俗求人情報を見ても応募するか否か迷いを持つことは珍しくありません。

そこで今回は、ソープの仕事内容とプレイの流れ、働くお店を選ぶ際に確認すべきことを解説します。未経験でもソープで働きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.ソープは未経験でも働ける?

これまでソープで働いた経験がない場合、「未経験でも働けるのか」と疑問に思う人もいるでしょう。ソープを含めた風俗店の多くは、風俗嬢として働いた経験のない人でも働くことが可能です。

以下では、ソープ未経験でも働くことができる理由について詳しく解説します。

 

1-1.風俗業界で「未経験」はステータスとなる

風俗業界において「未経験」であることは、一つのステータスとして扱われます。風俗業界において経験がないことは、下記のような理由から男性客やお店のスタッフに好印象を持たれる可能性が高いためです。

  • 男性客やスタッフに対して素直に応対する
  • すれた感じがしない
  • 業界に染まっていない
  • ぎこちなさがある

ソープにおいて、デリヘルなどから始めて徐々に業界に慣らしてきた「お店の新人」は珍しくありません。一方、初めからソープの世界に飛び込む「業界未経験の新人」は少ないため、希少価値が高く特に歓迎される存在です。

 

1-2.初々しい女の子は男性ウケが良い

初々しい女の子は男性に好まれる傾向にあり、ソープに通う人も例外ではありません。また、「自分が最初の相手」であることや「初心者への指導」に喜びを覚える男性も一定数います。

ただし、全ての男性が同じ意見を持っているわけではありません。「高い料金を支払うからには、熟達したスキルやテクニックを存分に味わいたい」と考える男性も多くいます。そのような男性客が多いお店では「未経験」であることがマイナスに働くケースもあるため、お店選びには注意が必要です。

 

2.ソープの仕事内容とプレイの流れ

お店のランクや嗜好によって多少異なるもの、基本的な仕事内容はどこのソープでも変わりません。ソープで提供する性的なサービスは、主に下記の4種類です。

即プレイ 部屋に入ってすぐ、身体を洗う前に「即尺」「即即」「即ベッド」などを行います。
洗体 手や口、身体や陰毛などで男性客の身体を洗うプレイです。ボディーソープやローションなどを使用します。
マットプレイ 男性客の身体に密着して、ローションを使ったマッサージを行います。
ベッドプレイ ベッドの上で性的なサービスを行います。

ソープのプレイの流れは、以下のとおりです。

(1)男性客の出迎え・挨拶
自分を指名してくれた男性客を出迎えて挨拶します。三つ指をついてお出迎えする高級店もあれば、フレンドリーに振る舞う大衆店もあります。
(2)洗体
お風呂で男性客の体を洗います。お店のメニューによっては、洗体前にプレイを始めることもあります。
(3)プレイ開始
身体を洗い終わったら、男性客の選択したメニューに応じたプレイを始めます。
(4)休憩
長時間コース(90分以上)の場合、一度目のプレイ終了後に入浴したりお茶を出したりします。
(5)プレイ開始
コース時間に余裕がある場合、男性客の要望次第で二度目のプレイを行うことが一般的です。
(6)シャワー・着替え・見送り
コース時間が終了したら、身体を綺麗に洗います。着替え終わった男性客を笑顔で見送ったら終了となります。

プレイをする上で、男性客の姿が見えなくなるまで気を抜かず、「また指名したい」と思わせることがポイントです。

 

2-1.ソープの給料相場

ソープは時給制ではなく歩合制を取っており、男性客が支払う料金の中からお店側の定める割合に従って雑費などが引かれ、給料額が決定します。

お店のランクや地域によって異なるものの、サービス1本につき高級店は約6万円、中級店は約3万〜5万円、大衆店は3万円以下が料金の相場です。お店からのバック率は50〜70%で、男性客1人の接客時間は高級店が約2時間、大衆店は約1時間が目安となっています。

高級店で1日3人接客し月に12日勤務した場合、月給約108万〜144万円が給料として支払われる計算です。料金システムの詳細はお店によって異なるため、手取りが希望する金額に届くか働く前にしっかりと確認しましょう。

 

3.ソープ未経験の女の子が働く前に確認すべきこと

ソープ未経験の女の子は業界知識に乏しい場合が多く、聞こえの良い謳い文句に乗せられてしまいがちです。ソープの中には悪質な店も存在します。

ソープ未経験者がソープで働くべきか、気になるお店に入店すべきかどうかを判断する際は、以下に挙げる5つの項目についてしっかり確認することがポイントです。

 

3-1.スタッフ・キャストの質は良いか

まず、ソープで働く他のスタッフ・キャストの質を確認することが大切です。男性客への対応が悪ければ人気店とはならず、指名客も獲得しにくくなります。スタッフ・キャスト同士の仲が悪い場合、お店の空気が悪かったりトラブルが発生しやすかったりと、働きづらい環境となる傾向です。

また、スタッフ・キャストの教育をおろそかにする店は、経営もずさんであることが少なくありません。応募する際の電話や面接時の対応、体験入店の際に、少しでも「嫌だな」「おかしいな」と思ったら他店を選ぶことをおすすめします。

 

3-2.お店のランク・コンセプトは自分に合っているか

ソープは、「高級店」「中級店」「大衆店」の3ランクに分かれており、訪れる客層や料金の設定が大きく異なります。

お店のランクが高いほど男性客の質が良く、支払われる料金も高額です。反面、採用される女の子のレベルも高く、容姿の美しさ以外にも正しい言葉遣いや、高い教養なども求められます。また、同ランクの中でも「お嬢様系」「人妻系」など、お店ごとに異なるコンセプトを設けていることもあります。

お店のランク・コンセプトに見合っていなければ、例え採用されたとしてもなかなか指名客を得られません。ソープで働く際は、自分自身のレベルや嗜好に合ったお店を選びましょう。

 

3-3.未経験者のための講習はあるか

初々しい女の子に需要があるとはいえ、未経験者には最低限の振る舞いやプレイ技術を教える講習が不可欠です。お店によって講習内容に差はあるものの、男性客の出迎えから基本的なプレイ内容、お見送りまでの一連の流れをきちんと教えてくれるお店を選びましょう。

女性スタッフや先輩キャストが講師のお店は、比較的良心的で質も高い傾向にあります。男性スタッフによる実技講習など、講習内容に不安がある場合は、応募・面接の段階で講習に関して質問することが大切です。

 

3-4.雑費や税金などで損はしないか

ソープでは、男性客が支払った料金の総額から「1本・1日あたり何円」や「給料の◯◯%」など、雑費が引かれた金額が女の子の給料となります。

雑費はローションなどプレイに直接使用するものの代金のみの場合もあれば、男性客が飲んだドリンク代も含まれる場合もあり、お店によってさまざまです。また、お店に納める「税金」や裏方のスタッフに支払う「ボーナス」を徴収する場合もあります。

男性客の料金に対して引かれるものが多いと、なかなか稼げないといった事態になりかねません。お店選びの際は、料金と給料の内訳も詳しく確認しましょう。

 

3-5.卒業後のイメージはできているか

ソープは、若い内が稼ぎ時だとされています。多くの指名客を獲得しても、年齢を重ねるごとに稼げなくなることは避けられません。人気が衰えたり転職したりして給料が減っても豪遊癖が抜けず、生活に苦労する人もいます。

ソープで働く際は、業界を卒業する時期や目標・卒業した後の過ごし方などを明確にイメージした上で、仕事を始めることが重要です。

 

まとめ

風俗業界において、未経験の女の子には一定の人気があり、歓迎される傾向です。ただし、一口にソープと言っても「高級店」「中級店」「大衆店」では、客層や給料相場、女の子に求められるレベルも異なります。自分がお店のランクやコンセプトと合わなければ、思ったように稼げないため注意が必要です。

仕事を始めてから後悔しないためにも、応募や面接の段階でスタッフ・キャストの質や料金の内訳などをしっかりと確認しておきましょう。

トップへ