西川口 ファッション ソープランド ニュールビー

西川口ソープランド ニュールビー > 人気アクセスキーワード > ソープランドの面接は何をする?面接の流れと講習内容を解説!

ソープランドの面接は何をする?面接の流れと講習内容を解説!

西川口ソープ ニュールビー 求人サイト

ソープランドは、風俗業界の中でも高収入を稼げる仕事として人気があります。
しかし、面接を受ける際は「どのような内容を聞かれるのかな?」「面接で実技講習があるのかな?」と不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

ソープランドの面接は、一般の面接の流れとほとんど変わらないことが多いため、安心して面接を受けられます。

当記事では、ソープランドの応募までの流れや、具体的な面接内容について解説します。
合格後の実技講習の内容についてもまとめているため、これからソープランドの面接に応募しようか迷っている人はぜひ参考にしてください。

 

1.【ソープランド】応募から面接の流れ

ソープランドは、風俗の中でも特に稼げる仕事として人気です。
ソープランドへの応募から面接までの流れは、一般のアルバイトなどにおける面接とそれほど変わりはありません。

ソープランドで働きたいと思った場合、まずは求人サイトで気になるお店をチェックしましょう。
最近の求人サイトは応募が手軽にできるようになっており、Webサイトからの応募はもちろん、LINEから応募できる求人もあります。

求人に応募した後は、メール・電話・LINEなどで採用担当者から連絡があります。

面接の場所と日時を相談した後は、当日の流れに関しても採用担当者に確認しましょう。

 

1-1.面接時に適した服装&必要となる持ち物

ソープランドの面接では、服装・身だしなみが重要です。

風俗の仕事は、お客様と一対一でコミュニケーションをとる接客業の一つです。
女性らしいふるまいで、相手に不快感を与えないかどうかという点は、面接でチェックされるポイントとなります。

ソープランドの面接には、男性ウケのいい清楚な服を着るといいでしょう。
自分がデートに行くときの服装をイメージすることがおすすめです。
パンツよりスカート、スニーカーよりヒールを選ぶなど、かわいい雰囲気を演出しましょう。

ソープランドの面接では、免許証・パスポート・マイナンバーカードなどの年齢を確認できる顔写真付きの身分証があれば、履歴書は不要となるお店がほとんどです。

学歴や職歴が重視されない分、服装や身だしなみで女性らしさを魅力的にアピールすることが、採用されるコツと言えます。

 

2.ソープランドの面接の流れ|各流れで聞かれる質問内容も

「ソープランドの面接」と聞くと「面接の場でソープランドのスタッフと実技講習をする」といったイメージを持つ人もいるでしょう。
実際は、きちんとしたお店の場合、採用前に実技講習を行うことはほとんどありません。

以下では、ソープランドの面接の流れを紹介します。

 

2-1.プロフィールシートを記入

ソープランドの面接では、履歴書の代わりにプロフィールシートを記入します。

以下は、プロフィールシートに記入する主な内容です。

  • 名前・年齢などの基本情報
  • 刺青・タトゥー・リストカット痕など、ボディチェックに関する情報
  • 初体験の年齢・性感帯・濡れやすさなど、自分の性体験・身体に関する情報

風俗店ならではの項目もありますが、プロフィールシートに書いた内容はお店のWebサイトなどに掲載する可能性があるため、注意してください。
掲載されたくない内容に関しては、お店のスタッフに相談するといいでしょう。

プロフィールシートの記入が終わったら、身分証明書と異なる点がないかを確認するために、年齢確認などの簡単な質疑応答があります。

 

2-2.仕事内容に関する質疑応答

簡単なプロフィール確認が終わると、仕事内容に関する質疑応答を行います。

以下の4項目は、必ず聞かれると言っても過言ではないため、事前に話す内容を準備しましょう。

  • 風俗経験の有無
  • 志望動機
  • 稼ぎたい金額
  • シフト希望

ソープランドは、一般的な仕事と比べて、勤務シフト・給料システムなどが異なります。
業界用語を交えて説明されることもありますが、分からない点はお店のスタッフに遠慮なく聞きましょう。

また、ロングシフト・曜日固定などは優遇される傾向にあります。

 

2-3.ボディチェック(お店による)

ソープランドでは高級店を中心に、面接の時点で全裸になり、ボディチェックを行うことがあります。

以下は、ボディチェックで見られる具体的な項目です。

  • ボディライン
  • シミ・アトピーなどの肌荒れの有無
  • タトゥー・リストカットなどの有無
  • 妊娠線・手術痕などの有無

ボディチェックは、全てのお店で行われるわけではありません。
しかし、ボディチェックがあることを想定して、面接の際は清潔感があってセクシーな下着を身に付けることがおすすめです。

 

2-4.採用→講習

ソープランドの面接は、合格であればその場で伝えられることがほとんどです。
「結果は後日ご報告します」と伝えられた場合は、不合格の可能性が高いと言えます。

合格の場合、講習はそのまま当日に受けるパターンが一般的です。
都合が合わない場合は、別日にすることも可能なため、お店のスタッフに相談しましょう。

 

3.ソープランドの講習は何をする?裸になる必要は?

ソープランドの講習は、基本的な接客マナー以外は実技講習が中心となります。

以下は、実技講習で学ぶ内容です。

【基礎事項】

  • 接客時の挨拶・見送り
  • プレイ前の準備方法
  • サービス代金の受け取り方
  • トラブルを防ぐための断り方
  • 本指名をとるコツ

【実技事項】

  • キス・全身リップ
  • 素股
  • 手コキ・フェラ
  • 本番やマット技

ソープランドという仕事上、場合によっては裸になって講習を受ける場合もあります。

しかし最近では、大手のお店や高級店などを中心に、ビデオ動画での講習・女性スタッフによる講習を行うお店も増えています。
そのため、昔のように男性スタッフが講習をするケースは少ない傾向です。

また、男性の風俗店員による講習であっても、フィニッシュまで講習を続けたり、本番行為を要求されたりすることはありません。
万が一、射精や本番行為を伴う内容を求められた場合は、講習・入店を断りましょう。

講習の進め方はお店によって異なりますが、男性スタッフによる講習に抵抗がある場合は、女性の講師がいるソープランドに応募することをおすすめします。

 

4.ソープランドの面接でしっかり採用されるために

ソープランドは、風俗店の中でも採用基準が厳しい業種です。

お店のランクが上がるほど採用率は低く、風俗業界全体の容姿レベルが上がっていることもあり、容姿が美しくても合格できないお店が増えています。
特に高級店の場合は、風俗店の勤務経験があったとしても、必ず採用されるとは限りません。

ソープランドのキャストとして採用されるために大切なポイントは、丁寧な言葉遣い・笑顔など、外面・内面ともに女性らしさをアピールすることです。
ソープランドは接客業であるため、お客様を不快にさせず、身も心も満足させることが求められます。

女優のような容姿であっても、性格・態度が悪い女の子は接客トラブルを招きかねないため、面接の段階で落とされる可能性が高い傾向にあります。

ソープランドの面接では、「しっかり相手の目を見て話す」「常に感じのいい受け答えを心がける」など、相手に好感を与えるような言動を意識しましょう。
お店のスタッフから「この子は丁寧で感じがいいな」と思われれば、採用される可能性が高くなります。

緊張しすぎず、まずは笑顔を忘れないようにしましょう。

 

まとめ

ソープランドの面接は、一般の仕事・アルバイトなどの面接とそれほど変わりません。
採用された場合は実技講習がありますが、一昔前のイメージとは異なり、女性講師が担当する場合も多くあります。

ソープランドは風俗業界の中でも高給で稼ぎやすいため、人気の高い仕事です。
しかし、ソープランドは求められる人材のレベルが高く、かわいいだけでは合格できない場合もあります。

ソープランドの面接を受ける際は、丁寧な言葉遣いと笑顔を意識し、感じのいい女性をアピールしましょう。

トップへ