西川口 ファッション ソープランド ニュールビー

西川口ソープランド ニュールビー > 人気アクセスキーワード > ソープランドにパネルマジックはある?パネマジを見分ける方法5選

ソープランドにパネルマジックはある?パネマジを見分ける方法5選

西川口ソープ ニュールビー 出勤情報

風俗遊びをしている男性の中には、ソープランドにもパネルマジックがあるのかが気になる方もいるでしょう。

ソープランドは大衆店から高級店までランクがあるものの、料金はいずれも安価ではありません。せっかく利用するならば、好みのタイプと楽しみたいと考えることは当然の心理です。

そこで今回は、ソープランドをはじめとした風俗店のパネルマジックの有無を詳しく解説します。風俗店がパネル写真を加工する理由や、パネルマジックの見分け方についても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

 

1.そもそもパネルマジック(パネマジ)とは?

「パネル」は、主に風俗店や風俗店のホームページに掲載されている風俗嬢の写真を指します。そして「パネルマジック」とは、パネル写真が実物よりも格段に美しく、別人のように見える状況を指した単語です。実物とは別人に思えてくるような加工技術がまるでマジックのようであることから、パネルマジックと称されるようになりました。

パネルマジックは風俗業界では一般的な手段となっており、デリヘルやホテヘルはもちろん、ソープランドでもよく見られます。風俗遊びに慣れている男性であれば、パネル写真から風俗嬢を選んでいる段階である程度のパネルマジックを覚悟することがほとんどです。しかし、実態を知らない業界未経験者にとってはショッキングな事実となるでしょう。

本人とあまりにもかけ離れている酷いパネルマジックのときはチェンジができるものの、別の風俗嬢を手配してもらうまで再び待たなければなりません。時間が無駄になるだけでなく、気持ちも萎えてしまいます。そのため、ソープランドの利用時においては、パネルマジックに注意が必要です。

 

1-1.本当にあったソープランドのパネルマジック事例

近年は、写真の加工技術が著しく進化しています。風俗店のパネル写真の中には、前述のとおり、本人とあまりにもかけ離れた加工がされている写真も少なくありません。

ここでは、ソープランドにおけるパネルマジックの実例を2つ紹介します。

実例(1)髪型以外、同じところが一つもない

30代のAさんは、2回目の風俗遊びに心を躍らせながら、ソープランドの待合室で待っていました。名前を呼ばれふと見てみると、カーテンの前には選んだ覚えのない女の子がいます。しかし実際には別人ではなく、同一人物だったのです。

唯一同じだったと言えるポイント髪形ですが、顔のパーツや体型など、容姿のほぼすべてが加工されていました。スタッフに小声で「本当に本人なのか」と訊ねても、間違いありませんの一点張りです。

Aさんはあまりのショックに気持ちが萎えてしまい、その日は遊ばずに帰宅しました。

実例(2)女子アナ似を選んだはずが…

20代のBさんは、人気女子アナ似の女の子を見つけて早速ネットで指名予約します。これまで風俗遊びの経験は幾度となくあったため、パネルマジックの存在も認識していました。しかし、女子アナ似の風俗嬢と対面したとき、予想以上のギャップにBさんは度肝を抜かれます。

目の大きさや輪郭がパネル写真とは明らかに異なり、華奢なスタイルだと思っていたものの、二の腕や肩幅は自分と大差がありませんでした。幸いにも、愛嬌が良くプレイテクニックもありましたが、本来求めていた女子アナならではの女性らしさがどうしても感じられず、あらためてパネルマジックの怖さを認識しました。

 

2.風俗店がパネル写真の加工を行う理由

風俗店がパネル写真を加工する理由は、「お客様を騙すため」だけではありません。風俗店の多くは、風俗嬢のプライバシー保護を目的にパネル写真を加工しています。

風俗嬢の中には、パートナーに内緒で働いている女の子も多く存在します。もし、彼氏や旦那さんに見つかってしまった場合、相手との関係性に影響を及ぼすことは避けられません。

また、副業としてソープランドの仕事をしているケースもあります。上司や同僚などにソープランド勤務がバレてしまうと、気まずいばかりか本業を続けることすら危うくなるでしょう。

状況はそれぞれ異なるものの、パネル写真の加工が顔バレや身バレ防止になることは紛れもない事実です。パネル写真を加工する背景や理由を知ることで、「パネルマジックがある=悪い風俗店」といったイメージも払しょくされるでしょう。

一方で、風俗嬢の女の子自身が求めていないにもかかわらず、お店側が集客目的に過度な加工をするケースもあります。そのため、もしパネルマジックの状況となっても、風俗嬢を責めたり傷付けたりしてはなりません。

いずれにしても、ソープランドを利用する際はパネルマジックがあることを念頭に置いて、女の子を選ぶ必要があります。

 

3.【ソープランド】パネルマジックの見分け方5つ

ソープランドは、お店とネットのどちらでも指名予約が可能です。しかし、確実に好みのタイプと遊びたいと考えるならば、一定の情報収集をしておく必要があります。

ソープランドが初めての男性は、パネルマジックを見分けるための準備も兼ねて、ネットで指名予約することがおすすめです。最後に、パネルマジックの見分け方を5つ紹介します。

 

3-1.(1)背景をチェックする

パネル写真を見る際は、まずは背景をチェックしましょう。写真加工は、被写体を修正するにつれて背景が歪みます。つまり、証明写真のように背景がシンプルな程、被写体を大幅加工してもボロが出にくいということです。

椅子や机などが写り込んでいれば加工度合いがわかるものの、何も写っていなければ見分けることができません。背景に柄がなく、単色もしくはシンプルな場合は、特にパネルマジックの可能性があります。パネルマジックを最低限避けたいという方は、避けることが無難です。

 

3-2.(2)ポーズをチェックする

パネル写真は、単純な顔写真ではなくさまざまなポーズをして撮影していることが特徴です。中にはウエスト周りが見えないように足を組んで座ったり、細く見せるために反るようなポーズをしたりして、女の子がコンプレックスを隠している可能性があります。

そのため、「胸の大きい女の子が好み」という方は、胸周りで不自然なポーズをしていないか、物や身体の一部で隠している部分はないかなどをしっかりチェックしましょう。

また、腕や脚を伸ばしているポーズにも注意が必要です。直線的なポーズは加工がしやすいため、過度なパネルマジックが行われている可能性もあります。

 

3-3.(3)風俗嬢の写メ日記やSNSをチェックする

写メ日記やSNSは、風俗嬢が自撮り写真を投稿していることがあります。自撮り写真も、スマホアプリを使ってある程度加工されていることは多いものの、Photoshop(フォトショップ)などのような高度な加工はできません。したがって、風俗嬢の素顔がわかりやすい傾向にあります。

写メ日記はホームページに掲載されており、SNSは源氏名+SNS名で検索すれば見つけることが可能です。複数の画像を比べることで、加工されている部分を見分けることができます。パネル写真で気になる女の子を見つけたら、写メ日記やSNSをあわせてチェックすることが大切です。

 

3-4.(4)お店や風俗嬢の口コミをチェックする

パネルマジックの割合が多いお店や、特定の女の子のパネルマジックが限度を超えているときは、風俗ポータルサイトやSNSなどで口コミ・評価が掲載されている可能性があります。

ネットの口コミは主観で書かれるため、ネガティブな内容のすべてが真実とは限りません。しかし、実際に利用した人の感想や意見は貴重です。少なくともパネル写真のみで選ぶよりも、失敗の可能性を減らせるでしょう。

 

3-5.(5)お店のボーイに直接聞く

風俗店に訪れ、パネル写真から女の子を選ぶ場合は、ボーイにパネル写真などを見せながら直接聞いてみることもおすすめです。加工の有無や実物と異なる部分を、ボーイが説明してくれることは多々あります。

風俗店を利用する以上、パネル写真と実物のギャップはある程度受け入れることが必要です。しかし、どうしてもパネル写真に不安を覚える場合は、加工度合いによってはキャンセルする旨を伝えましょう。キャンセルやネガティブな口コミが出回ることはお店にとっても痛手となるため、誠意をもって対応してくれます。

選んだ女の子を気に入った場合は、今後もその風俗店に通う可能性があります。そのため、ボーイに聞く際は威圧感を与えず、感じを良くしておきましょう。

 

まとめ

パネルマジックとは、パネル写真を加工して美しく見せる手法です。風俗業界では珍しくなく、ソープランドでもよく使われる技術となります。パネルマジックは風俗嬢のプライバシー保護といった目的もあり、決して悪意があるケースばかりではありません。

過度なパネルマジックを見分けるためには、背景やポーズ、写メ日記などをチェックしましょう。さらに、ポータルサイトの口コミをチェックしたり、ボーイに直接聞いたりすることもおすすめの方法です。

ここまで紹介したポイントを参考に、ぜひお気に入り女の子を見つけて、ソープランドでの濃厚なプレイを楽しんでください。

トップへ