西川口 ファッション ソープランド ニュールビー

西川口ソープランド ニュールビー > 人気アクセスキーワード > ソープに出戻りすることは可能?出戻りする女性が多い理由と注意点

ソープに出戻りすることは可能?出戻りする女性が多い理由と注意点

西川口ソープ ニュールビー 求人サイト

「充分なお金を稼いだ」「昼職が決まった」などの理由でソープを辞めたものの、何らかの事情により、以前働いていたお店でもう一度働きたいと考える女性は少なくありません。しかし、ソープに出戻りすることができるかどうか、不安に思う女性もいるでしょう。

この記事では、ソープ業界の出戻り事情から、女性がソープに出戻りする理由、出戻りの際の注意点までを詳しく解説します。ソープに出戻りを検討している女性は、ぜひ参考にしてください。

 

1.ソープに出戻りすることは可能?店側の本音は?

ソープでは、一般企業や飲食のバイトなどと違い、昔働いていた店に「出戻り」する女性が少なくありません。その背景には、出戻りを希望する女性が多いだけでなく、お店側も出戻りを歓迎しているという事情があります。

お店が女性の出戻りを歓迎する理由は、次のとおりです。

  • 人手不足
  • 採用や教育のコストを省ける

風俗業界は常に人手不足と言われており、お店は一人でも多くの女性を確保したいと考えています。しかし、新たに女性を雇うためには、求人広告費のほか、採用面接・新人教育のコストなどがかかり決して安くありません。

そのため、採用コストがかからないうえ、即戦力となる出戻りの女性を迎えることはお店に取ってメリットが大きいと言えます。女性側も、お店のルールを理解しているため勤務を再開しやすいでしょう。

特に、年末年始やお盆などの繁忙期のほか、地方から都市部・都市部から地方へなど遠方への出稼ぎも、出戻りしやすいケースが多いと言われています。

 

2.ソープに出戻りする女性が多い理由

ソープに出戻りする女性は多く、一人ひとりにさまざまな事情があります。なかには、ソープを辞めて昼職として働き始めたものの、やはりソープで働きたいと考え、以前在籍したソープ店に戻る女性も少なくありません。

ここでは、代表的な出戻りの理由を5つ紹介します。

 

2-1.ソープ以上に稼げる仕事がない

女性がソープに出戻りする最大の理由は、やはり収入面です。

昼職で働く場合、正社員でも日給1万円稼ぐことが簡単ではありません。しかしソープをはじめとする風俗では、日給10万円を超えることが珍しくありません。特に高級ソープでは日給15万円以上も目指せます。

そのため、昼職の稼ぎでは満足できない女性や急な支出を埋め合わせたい女性が、ソープに出戻ることは少なくありません。

 

2-2.金銭感覚が戻らず金欠に陥る

一度、日給10万円以上稼げる業界に身を置くと、金銭感覚が麻痺したり、生活水準が上がり過ぎたりします。

ソープを辞めて昼職に就くと、収入が大幅に減るものの、金銭感覚や生活水準はすぐに変えることができません。それにもかかわらず、以前と同じような贅沢な生活をしていると、またたく間に貯金がなくなり金欠に陥るでしょう。

ソープを辞めた後に、生活水準の維持や金欠に苦労し、大金を得るために再びソープで働く女性も多い傾向です。

 

2-3.好きな時に働くことができる

毎日決まった時間に出勤・退勤する昼職とは違って、ソープはシフト制で自由に働ける「自由出勤制度」のお店がほとんどです。体調が悪い時は休むこともできるなど、出勤に関する融通もききます。また日給が高いため、目標額を稼げば、ほかの時間は自由に過ごすことができるでしょう。

平日の朝から晩まで拘束されていた方・通勤ラッシュでストレスが溜まっていた方や、時間に融通を利かせたいと悩んでいた方は、ソープに出戻ることが少なくありません。

 

2-4.人間関係がシンプルで働きやすい

昼職の会社では、上司・部下・取引先などあらゆる立場の人とのコミュニケーションが必要となり、マナーも求められます。同僚との世間話や気を使う上司への対応などに疲れ、ソープに出戻る女性もいるでしょう。

ソープで働く際の人間関係は、お店のスタッフ・キャストの女性・お客さんの3種類だけであり、非常にシンプルです。また、ソープの仕事はお客さんへの接客が中心となるため、上司部下・同僚とのコミュニケーションがあまり得意でない方にとっては、昼職よりも気が楽な方も多いでしょう。

 

2-5.働く女性を大切にしてくれる

ソープの多くは働く女性を非常に大切に扱っており、お客さんも女性に優しい傾向です。また、女性が少しでも働きやすいように、社宅や託児所を用意するなど環境や待遇も充実しているお店も見られます。

さらに、実績を上げると褒められるだけでなく、働いた分だけ収入に反映されるため、やりがいも大きいでしょう。

一方で昼職では、全ての会社において「女性従業員向けの手当が充実している」「女性の勤務環境に配慮がある」とは限りません。ソープは女性が活躍する職場であり、多くのお店が働く女性に配慮した対応を行ってくれることから、出戻りする女性は少なくありません。

 

3.ソープに出戻りする際に注意しておくポイント

以前働いていたお店に出戻りする際は、まずお店に電話を入れ、出戻りしたいことと、出戻りしたい理由などを伝えましょう。連絡先がわからない際は、求人ページからメッセージを送る方法もあります。スタッフに知り合いがいる場合は店の状況確認したうえで、言付けてもらうこともひとつの手です。

また、出戻りする際は以下の3つのポイントに注意しましょう。

 

3-1.問題を起こして辞めた場合は出戻りが難しい

以前、「無断欠勤・遅刻が多かった」「お客さん・スタッフとトラブルを起こした」など、お店で問題が多かった場合、出戻りを歓迎されない恐れがあります。また、「無断で辞めた(飛んだ)」など、円満に辞めなかった女性もお店に連絡しづらいでしょう。

しかし、店が人手不足であったり、反省していることが伝わったりすると、採用される可能性があります。低姿勢で連絡し、過去の行動を丁寧に謝罪したうえで、もう一度働きたい旨を伝えることがおすすめです。

断られた場合はしつこく食い下がらず、気持ちを切り替え、新しいお店を探しましょう。

 

3-2.以前辞めた理由が解消されているか確認する

過去にスタッフやお客さんとのトラブルで辞めた場合、同じスタッフがいないか・該当するお客さんをNGにできるかなどを確認しましょう。トラブルを起こしたスタッフや女性がまだ在籍しており、お店の重要なポジションを担っていた場合、出戻りが難しいと言えます。

また、トラブルを起こしたお客さんやNG指定していたお客さんから、何らかの危害を加えられる不安を持つ女性もいるでしょう。源氏名を変えるほか、写真を加工するなどして、身バレを防ぎましょう。また、NG客に当たらないように調整するなど、スタッフに根回しをしてもらうことも重要です。

 

3-3.年齢や体型の変化により出戻りできないこともある 

以前辞めてからブランクがあると、自分では気づかないうちに容姿や体型が変わっている可能性があります。容姿がお店のコンセプトから大きく離れてしまった場合は、採用基準を満たさず出戻りを断られるケースも少なくありません。

また、出戻りできた場合も、お店の雰囲気や客層が以前と変わっている恐れがあります。過去に人気嬢であったとしても、常連客・太客が離れていたり、お店のコンセプトが変わったりしていると、以前と同じように稼ぐことは難しいでしょう。

出戻りの際は謙虚な姿勢で働くことをこころがけ、店のコンセプトと合わない場合は、系列店を紹介してもらう・ほかの店を探すなどの方法を取りましょう。

 

まとめ

ソープに出戻りする女性は多く、お店も人材不足やコスト削減のために出戻りを歓迎する傾向です。女性が出戻りする理由はさまざまであり、特に、金銭的な問題や昼職との待遇の違いなどの理由が目立ちます。

出戻りをする際は、以前働いていたお店に連絡し、再度働きたい旨を伝えましょう。ただし、以前の勤務態度や辞め方に問題があった場合は、出戻りを歓迎されないケースもあります。また、ブランクにより見た目が変わっていると不採用となる可能性があるだけでなく、以前と同じように稼げない恐れがあります。

同じ店にこだわらず、気持ちを切り替えて新しいお店を探すことも大切です。

トップへ