西川口 ファッション ソープランド ニュールビー

西川口ソープランド ニュールビー > 人気アクセスキーワード > 【ソープ】総額料金の仕組みとは?ランク別の総額料金の相場も紹介

【ソープ】総額料金の仕組みとは?ランク別の総額料金の相場も紹介

西川口ソープ ニュールビー 出勤情報

ソープは「風俗の王様」の異名を持つ人気の風俗です。密着感を楽しめるマットサービスでは、他の風俗とは一線を画した濃厚な時間を楽しめます。また、料金システムが複雑で利用料金が分かりにくいことも、ソープの特徴です。「通常料金はどのくらいなのか」「特別料金はかかるのか」など、料金に関する不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。

ソープの料金に関する不安を解消するためには、料金システムを理解することが大切です。そこで今回は、ソープの料金システムと、総額料金の相場をランク別に紹介します。総額料金に関する注意点も理解した上で、ソープのサービスを楽しみましょう。

 

1.ソープの料金システムが「複雑」と言われる理由

ソープの料金は「通常入浴料金」「サービス料」「総額」など、複数の表記が記載されていることがほとんどです。そのため、料金総額が分かりづらく、料金システムが複雑に感じられます。

複数の表記が入り乱れている理由は、法律上ではソープが「個室付き浴場」、つまり公衆浴場や銭湯と同じものと定義されているためです。浴場の提供こそがソープの業務であり、浴場内のサービスとは一切関係がありません。

浴場内でサービスを提供する女の子は、個人事業主としてソープと業務提携を行っています。浴場という場所を提供するソープと、サービスを行う女の子はそれぞれ独立した存在であり、支払いもそれぞれに発生します。そのため、ソープのサイト上などには複数の料金が表記されています。

 

1-1.総額=「入浴料」+「サービス料」の合計

ソープの「総額」とは、浴場の利用料である「入浴料」+入浴介助サービスへの「サービス料」を合計した金額です。入浴料とは、浴場を使用する際に発生する料金を指します。「個室つき浴場」であるソープも、公衆浴場や銭湯と理屈は同じです。

サービス料とは、浴場内で女の子が行うサービスに対して支払う料金です。女の子は、ソープが提供した場所と備品を使用し、入浴介助のサービスを提供しています。入浴介助のサービスの対価、またはすばらしい介助に対する「チップ」として、サービス料が発生します。

つまり、入浴料は場所に対して発生し、サービス料は行為に対して発生するイメージです。

 

2.ソープの総額料金の相場をランク別に紹介!

ソープには「大衆店」「中級店」「高級店」という3つのランクが存在し、ランクによって店舗の内装や在籍する女の子のレベルが変わります。

ソープは、法律によって新規出店が禁止されています。そのため、外観は古びた建物が多いものの、高級店であるほど内装に力を入れており、ルームやベッドはもちろん、受付まで豪華な傾向です。在籍するソープ嬢もまた、高級店であるほど華やかさが増します。単純に容姿が優れている女の子が在籍するのではなく、ふるまいや話術なども教育された接客のプロといえる女の子が在籍しています。

また、ソープの総額料金もランクによって変動します。ここでは、ランク別にソープの総額料金の相場とコース時間の目安を紹介するため、総額料金の比較をしたい人はぜひチェックしてください。

 

2-1.【大衆店】25,000〜35,000円

大衆店とは、リーズナブルに遊べる価格帯のお店のことです。内装やプレイルームはシンプルな造りが多く、高級感はほぼありません。スタッフの対応も懇切丁寧とはいかず、ややフランクな場合もあります。

在籍する女の子の容姿のレベルは、低くないものの特別高くはありません。大衆店にもルックス審査は存在しますが、審査基準はさほど厳しくないためです。

大衆店の総額料金は、25,000〜35,000円が相場です。また、プレイ時間は60〜90分が目安となります。総額料金が低くプレイ時間が短い場合、マットプレイがサービスに含まれていないケースもあるため、マット込みのプレイを楽しみたい人は中級店以上のソープを選ぶとよいでしょう。

 

2-2.【中級店】40,000〜50,000円

中級店は、コストパフォーマンスに優れたお店です。内装やプレイルームの設備にも適度に力を入れており、女の子やスタッフのレベルも高く保たれています。

中級店はコンセプトを持つ個性的なお店が多いため、自分の趣味と適合した場合はより一層ソープを楽しめるでしょう。

中級店の総額料金は40,000〜50,000円とやや高めですが、比例してプレイ時間は90〜120分と余裕があり、ソープを心ゆくまで堪能したい人におすすめです。また、ソープ選びに失敗したくない初心者も安全に利用できるランクといえます。

 

2-3.【高級店】55,000〜80,000円

高級店はソープの頂点で、ありとあらゆるサービスに高級感があります。内装はもちろん、家具やプレイルームの備品も他のランクを上回るでしょう。

女の子のレベルも高く、容姿だけではなく立ちふるまいやサービスも洗練されています。プレイ内容も多岐にわたり、他のランク帯の店では味わえない世界があります。また、スタッフの物腰も高級ホテルのホテルマン並に丁寧な傾向です。

高級店の総額料金は55,000〜80,000円とかなり高額ではありますが、それだけ価値のあるサービスが提供されています。高級店のプレイ時間の目安は90〜120分です。

 

3.ソープの総額料金に関する注意点2つ

ソープは店舗ごとにホームページを持っており、料金を事前に確認することが可能です。

しかし、お店によっては「入浴料」のみを記載し、総額料金の表示がないケースがあります。また、仮に総額料金が記載されていても、場合によっては支払う料金が異なることもあるため注意が必要です。

ここからは、ソープの総額料金に関する注意点を紹介します。ソープのサービスを安心して楽しむためにも、ぜひご覧ください。

 

3-1.総額を確認する際はなるべくお店に電話する

「どの店も総額料金をホームページに載せてくれれば分かりやすいのに…」と考える人もいるでしょう。しかし、「サービス料」を記載することで、風営法により取り締まられるリスクが発生します。取り締まりを回避するために、通常は「入浴料」のみを記載し、総額料金を隠しているお店が一般的です。

正確な総額料金を知りたい場合は、電話などでお店に直接問い合わせましょう。インターネットの口コミや風俗情報サイトにおいて、総額料金のレビュー投稿も見られますが、情報が最新のものかは定かではありません。

 

3-2.指名料・オプション料などが別途かかる

指名料やオプション料金は、別途発生します。指名料は、女の子を指名すると発生する料金です。オプション料は、通常コースのプレイ外の遊びを行う際に発生します。好きな衣装を女の子に着てもらうコスプレオプションや、各種おもちゃの使用にかかるオプション代が一例です。

他にも、お店によってメンバーズカード作成のための入会金や指名名料金、予約料を設けている場合もあるため、注意しましょう。別途発生する料金の相場は、下記の通りです。

指名料 約1,000〜5,000円
オプション料 約1,000〜30,000円
入会金 約1,000円
予約料 約1,000円

指名料は、初回の指名と再度指名では料金が異なるため注意が必要です。

オプション料については内容によって価格に幅があり、オプション無料サービスを行っている場合もあります。オプション無料サービスはお店によって異なるため、事前にチェックしておくと安心でしょう。別途かかる料金について正確な情報が知りたい場合も、電話で問い合わせすると確実です。

 

4.関東でおすすめのソープとは?

関東でソープを探している人には、西川口の「ファーストクラスルビー」がおすすめです。大衆店の価格帯でありながら、レベルの高い女の子が揃っています。女の子の在籍数が多く、ホームページに写真を掲載している女の子も多数いるため、好みの女の子をリサーチすることが可能です。

コース時間は40〜120分と幅があり、ニーズに合わせてコースを選ぶことができます。利用料金は詳しく記載されており、お財布事情に合わせて選択可能です。さらに、キャンペーンやメルマガ登録などでの割引も用意されており、お得に遊べます。

また、イベントが充実しているため、ソープのサービスにマンネリを感じている人にもおすすめです。駅から徒歩3分の好立地で、アクセスしやすいお店です。ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ソープの料金は一見複雑に見えますが、「入浴料」と「サービス料」の仕組みを知れば、難しいものではありません。しかし、中には入浴料のみ記載しており、総額料金が分からないケースもあります。正確な総額料金を知りたい場合は、お店に電話で確認しましょう。

「ファーストクラスルビー」のホームページでは、初心者にも分かりやすく料金システムについて説明しています。また、割引キャンペーンを活用することで、さらにお得にソープを楽しむことができます。関東でソープを探している人は、ぜひご検討ください。

トップへ